• このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアの名脇役「金物」について

吉本 とも子

インテリアコーディネートといえば素材やエレメント(家具・照明・カーテン他)が大きな要素となりますが、小さくてもその存在がインテリアの質にとても影響するのが金物です。

例えば「ドアハンドル」「家具の取手」その他タオルハンガー、ベーパーホルダー、フック、蝶番、ストッパー等まだまだたくさん使われています。機能優先で選ばれる事が多いですが、インテリアの雰囲気にあわせて選べる程、多くのバリエーションがあります。今回は建具に用いられる金物についていくつかご紹介しましょう。

 

 

・ドアハンドル(レバーハンドル)

 

ドアを開けたり、閉めたりするときに触れるものです。持った時の感触や握り具合によって、使い心地に差がでることもあります。ドアのデザインにあわせて、モダンからクラシックまで豊富なバリエーションの商品があります。まるで、ファッションの仕上げにアクセサリーを選ぶようにインテリアにあわせる事ができます。台座を丸形にするのか角形にするかだけでも雰囲気は変わりますよ。また、プッシュプルという機能で、握らなくても押すだけでドアを開ける事ができる商品もあります。

 

door1

画像:カワジュン http://www.kawajun.jp/hardware/products/

 

 

・ドアノブ

 

ドアを開閉する金物の中でも、写真のように円筒形で握るタイプのものです。懐かしい感じがしますね。最近は機能的な側面から、ノブよりレバーハンドルが選ばれているようです。

 

door2

 

画像左・中央:ジェイマックス http://j-max.info/doorhardware/index.html

 

 

・引き戸の「引手」

 

襖や障子、引き戸、などの開閉の時に手をかけるための金具をいいます。現在、襖や障子のような和の建具でよく使われているのは円形や正方形のものです。ですが、桂離宮を代表とする伝統的な日本建築には、下の写真のようなステキなデザインの引手が設えられています。目立たないところに凝る。なんとも粋ですね。洋風引き戸には画像右のようなシンプルな商品がおすすめ。

 

 door3

 

画像:旭金物   http://www.asahikanamono.jp/hikite2.html

   カワジュン http://www.kawajun.jp/hardware/products/

 

 

・家具の取手やつまみ

 

建具ではありませんが、家具の扉の多くにも取手がつけられています。おもしろいアイデア商品をご紹介しましょう。シンプルなつまみをイメージチェンジ。(下の画像)このような家具の取手やつまみは自分で取り替える事ができるものが多いのです。可愛いもの以外にもシンプルでスタイリッシュな商品など、ご紹介しきれない程たくさんの種類があります。ジャケットのボタンをかえるとイメージが変わりますよね。家具もつまみや取手を変えてリメイクを楽しんでください。

 

 door4

 

画像:スガツネ/キッズシリーズ http://www.tsumami-handle.com/kidsvariation/

 

無意識に触れる事が多い金物ですが、時間をかけて選ぶと触れるたびにうれしい気持ちになりますよ。

Loading

  • このエントリーをはてなブックマークに追加